Reuters logo
ユーロ圏の国債利回りが低下、独連銀総裁が買い入れ措置の調整示唆
2016年8月4日 / 09:16 / 1年前

ユーロ圏の国債利回りが低下、独連銀総裁が買い入れ措置の調整示唆

[ロンドン 4日 ロイター] - 4日の欧州市場で、ユーロ圏各国の国債利回りが低下している。欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのワイトマン独連銀総裁が、債券買い入れプログラムを調整する可能性があると述べたことが材料視されている。

市場では、ECBが債券買い入れプログラムの規定を近いうちに変更する可能性があるとの見方が広がっている。

ワイトマン総裁は、買い入れプログラムの基本構造を変えない限り調整は可能だとの考えを示した。

独10年債利回り は1ベーシスポイント(bp)低下しマイナス0.10%となった。ユーロ圏の他の国債利回りも大半が1─2bp低下した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below