Reuters logo
仏新発30年債に旺盛な需要、仏大統領選消化で政治リスク後退
2017年5月16日 / 12:46 / 4ヶ月前

仏新発30年債に旺盛な需要、仏大統領選消化で政治リスク後退

[ロンドン 16日 ロイター] - フランスがシンジケート団を通じて発行する新発30年債が旺盛な需要を集めている。受付開始前から応募が180億ユーロを超え、現地時間の午前中盤までには300億ユーロに達した。

今回の国債発行は仏大統領選後の需要を占う試金石とみられていたが、引き合いの強さがあらためて浮き彫りとなった。またドイツ、ベルギー、欧州金融安定ファシリティー(EFSF)も長期債の発行を控えているとされ、期間長めの国債需要を見極める上でも注目されていた。

フランスの主要な貸し手である日本の投資家の動向も焦点だ。

みずほの金利ストラテジスト、アントワーヌ・ブベ氏は「日本勢は仏証券の大口の買い手で、政治リスクが後退した今、緩やかに市場に戻ってくるだろう」と話す。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below