Reuters logo
ユーロ圏の財務省創設や合成債、仏中銀総裁が野心的構想
2016年9月28日 / 19:36 / 1年前

ユーロ圏の財務省創設や合成債、仏中銀総裁が野心的構想

[フランクフルト 28日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのビルロワドガロー仏中銀総裁は、ユーロ圏の合成債(シンセティックボンド)や単一財務省の創設、共通予算などを求める野心的な構想を明らかにした。欧州連合(EU)議会委員会で述べた。

フランスは以前から、こうした展望を示しているが、負担増を懸念するドイツなどが反対しており、進展していない。

ビルロワドガロー総裁は、銀行が担保として活用できる安全資産の提供を目指し、ユーロ圏各国が実際に発行する国債に裏づけされた合成債を提案。

「この場合、加盟国はそれぞれ債券の発行、返済に関する単独の責任を引き続き負う」とした。

またユーロ圏の経済政策を調整し、最終的にはユーロ圏の単一予算を策定するユーロ財務省の創設を提案。「真のユーロ圏予算は安定化手段となる。これにはユーロ圏全体の失業保険制度などが含まれる」とした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below