Reuters logo
改革案拒否の場合の総選挙、国民の利益にならない=ギリシャ野党
2015年6月4日 / 11:40 / 2年前

改革案拒否の場合の総選挙、国民の利益にならない=ギリシャ野党

 6月4日、ギリシャの有力野党、新民主主義党(ND)のサマラス党首は4日、総選挙実施は避けて与野党合同で国際債権団との金融支援交渉について協議すべきだと主張した。写真は、新民主主義党(ND)のサマラス党首、2月撮影(2015年 ロイター/Alkis Konstantinidis)

[アテネ 4日 ロイター] - ギリシャの有力野党、新民主主義党(ND)のサマラス党首は4日、総選挙実施は避けて与野党合同で国際債権団との金融支援交渉について協議すべきだと主張した。

与党報道官のニコス・フィリス氏はこの日、債権団の求める改革案が受け入れられないものである場合や財政を破綻させかねないものである場合、総選挙に踏み切ると言明していた。

これに対し、サマラス党首はテレビで「現在の厳しい状況下で選挙を行うことは、国民の利益にならない」との声明を公表。「与党の急進左派連合(SYRIZA)は通貨をドラクマに戻したいのだろうか」との疑問を投げかけ、「チプラス首相にとって唯一の解決策は、私たちが提案した国民的合意に加わることだ。これはギリシャにとっての唯一の道でもある」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below