Reuters logo
欧州短期金融市場でECB利上げ観測後退、ロイター報道で
2017年3月29日 / 19:20 / 6ヶ月前

欧州短期金融市場でECB利上げ観測後退、ロイター報道で

[ロンドン 29日 ロイター] - 欧州短期金融市場では、欧州中央銀行(ECB)が政策メッセージの変更に慎重とのロイター報道を受けて、利上げ観測が後退した。

ECB理事会が開催される来年3月8日のユーロ圏無担保翌日物平均金利(EONIA)のフォワードレートはマイナス0.28%と、EONIAスポットレートのマイナス0.36%を約8ベーシスポイント(bp)上回る水準。

アナリストによると、この差は市場が来年3月までの中銀預金金利引き上げを約80%の確率で織り込んだことを示唆している。

ECBは今月9日の理事会で、デフレリスクの後退により、一段の行動を必要とする切迫性はもはや存在しないとして、「責務の範囲内で利用可能なあらゆる手段を活用して行動する」との文言を削除。これを受け、市場では来年3月までの利上げを完全に織り込んでいた。

また今年12月に10bpの利上げが実施される可能性についても、市場が織り込む確率は今週初めの約70%から50%を割り込む水準まで低下した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below