Reuters logo
ユーロ圏経済、パリ攻撃による悪影響の兆候ない=ECB専務理事
2015年11月18日 / 09:48 / 2年前

ユーロ圏経済、パリ攻撃による悪影響の兆候ない=ECB専務理事

[フランクフルト 18日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のメルシュ専務理事は18日、パリ同時攻撃によりユーロ圏経済への信頼感が後退した兆しはなく、いかなる悲観的な議論も現段階では正当化されないと述べた。

メルシュ専務理事はドイツのフランクフルトでの会議で、「パリでの同時攻撃が経済に影響を及ぼしたとの早まった結論を出すことは避けるべきだ」と発言。「事件を受けた経済的悲観論を示すものは何もない」と話した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below