Reuters logo
米エクソンは増益、生産量減を原油高が相殺
2014年7月31日 / 19:03 / 3年前

米エクソンは増益、生産量減を原油高が相殺

[31日 ロイター] - 米石油大手エクソンモービル(XOM.N)が31日発表した第2・四半期決算は予想を上回る増益となった。原油・天然ガス価格の上昇が生産量の落ち込みを補った。

純利益は87億8000万ドル(1株当たり2.05ドル)と、前年同期の68億6000万ドル(同1.55ドル)から増加した。

市場予想は1株利益が1.86ドルで、これを上回った。

第2・四半期に同社が受け取った原油の支払い価格は、米国内で平均3%、世界では5%それぞれ上昇した。

生産量は石油換算で6%減の日量380万バレル。同社はロシアやパプアニューギニアで新規の大型油田開発に取り組んでいるが、時間を要するため、生産量の落ち込みに歯止めが掛かっていない。

西側諸国による対ロシア制裁も懸念材料だ。エクソンはロシア国営石油会社ロスネフチ(ROSN.MM)と提携してロシア東部沖で油田開発を手掛けるなど、米石油大手の中でも、ロシアへのエクスポージャーが大きい。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below