Reuters logo
米FRB、経済が軌道から外れない限り緩やかに利上げ=パウエル理事
2017年2月22日 / 19:34 / 8ヶ月前

米FRB、経済が軌道から外れない限り緩やかに利上げ=パウエル理事

[ニューヨーク 22日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル理事は22日、米経済が現在の軌道から外れない限りFRBは緩やかに金利を引き上げていくとの見方を示した。また、インフレ上昇への対応にFRBが後手に回っているとの兆候は見られていないとの認識を示した。

同理事はニューヨークで行った講演で、FRBが過去数年にわたり金利を低水準にとどめ、忍耐強く対応してきたことは賢明だったと指摘。「現時点ではリスクはより均衡化しているように見える」とし、「経済がおおむね予想通りに推移し続ける限り、緩やかに政策を引き締めていくのが適切と考えている」と述べた。

ただFRBが来月にも利上げを決定するかについてはほとんど手掛かりを与えなかった。

パウエル理事は労働参加率の上昇とインフラ投資につながる財政政策の必要性を強調。米経済成長率については2%程度となっている「現在の軌道におおむね沿って」推移すると予想。失業率は現在の均衡した水準を下回り、「当面は」そうした水準にとどまるとの見方を示した。こうしたことは望ましく、FRBが「後手に回っている」ことを示す兆候はないと述べた。

また、インフレ率は向こう数年間でFRBが目標とする2%に達すると予想。雇用とインフレに関する目標は達成に近づいているとの認識を示し、米経済は他の多くの先進国と比べると良好に推移してきたと述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below