Reuters logo
フィアット・クライスラーが5カ年計画、2018年販売目標700万台
2014年5月6日 / 22:48 / 3年前

フィアット・クライスラーが5カ年計画、2018年販売目標700万台

[デトロイト 6日 ロイター] - フィアット・クライスラーFIA.MIは6日、5カ年の事業計画を発表した。「アルファ・ロメオ」、「ジープ」、「マセラティ」ブランドを全世界で普及させることを目指す。

フィアット・クライスラーはまた、新モデル開発や生産拡大に数十億ドルを投じる計画。販売台数は昨年の440万台から2018年までに約700万台へと増加するとの見通しを示したが、極めて野心的な目標だと指摘する声も一部ではある。

Exane/BNPパリバのアナリスト、スチュアート・ピアソン氏は「確かに難しい注文」としたうえで、「事業計画の目標達成が半分、もしくは3分の2であっても、業界的には上出来だ。投資家が何を望んでいるか、株価に既に何が織り込まれているかが問題だ」と述べた。

アルファ・ロメオの販売台数は2018年に5倍以上に増加して40万台となる見通しで、投資額は50億ユーロ(70億ドル)。

マセラティの販売台数も急増し、7万5000台となる見込み。設備投資額は20億ユーロ以上。ジープの生産台数は2018年に2倍の190万台となる見通し。米国外6カ所の新拠点で、半分を組み立てる。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below