Reuters logo
ドルは113円後半、手掛かり材料難
2017年3月7日 / 03:49 / 7ヶ月前

ドルは113円後半、手掛かり材料難

 3月7日、正午のドル/円は、ニューヨーク午後5時時点に比べ若干ドル高/円安の113.96/98円。写真は都内で2014年11月撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 7日 ロイター] - 正午のドル/円は、ニューヨーク午後5時時点に比べ若干ドル高/円安の113.96/98円。

早朝の取引で、ドルは113.82円付近まで下落。前日の米国市場で1月の米製造業新規受注が前月比1.2%と予想を上回る結果だったにも関わらず、ドルの高値が114.10円止まりだったことや、トランプ米政権で新設された国家通商会議のナバロ委員長の発言が伝わったことなどで、軟調な推移となった。

その後は、仲値公示を挟んで114.07円と午前の高値を付けたが、買い一巡後はさらに買い進む材料も見当たらず、再び113円台に沈んだ。

ナバロ氏は、インドの高水準の関税と日本の非関税障壁を解消し、米国の輸出を拡大するには、世界最大の市場であるという米国の立場を利用して協議することが必要だとした。経済会議で述べた。

今夜には、米商務省が1月の貿易統計を発表する予定だが、それまで、「ドル/円は手掛かり材料難で方向感が出にくい」(証券会社)との見方がでていた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below