Reuters logo
正午のドルは118円後半で堅調推移、株価の持ち直し眺め
2016年1月28日 / 03:15 / 2年後

正午のドルは118円後半で堅調推移、株価の持ち直し眺め

[東京 28日 ロイター] - 正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点と比べてドル高/円安の118.80/82円だった。安く始まった日経平均株価がプラス圏に持ち直すのを眺めながら、ドル/円も堅調に推移した。

 1月28日、正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点と比べてドル高/円安の118.80/82円だった。写真は都内で2013年12月撮影(2016年 ロイター/Issei Kato)

朝方の日経平均は100円超安で寄り付いた後に下げ幅を広げ、ドル/円も上値が重くなったが、仲値公示にかけて切り返し、ドル買い/円売りがやや優勢となった。人民元の対ドル基準値の発表と前後して株価が下げを急速に縮めてプラス圏に浮上する中で、ドルも一時118.93円まで上昇した。

正午にかけては118円後半でやや足踏みとなった。「安値を見た輸入企業からは、この水準ではドル買い注文が入ってきにくい」(国内金融機関)といい、足元のドル買い/円売りの主体は短期筋とみられている。日銀金融政策決定会合の結果発表を明日に控え「円高を見込んで買っていた円を売り戻す動きも紛れ込んでいるようだ」(別の国内金融機関)との指摘もあった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below