Reuters logo
正午のドルは113円後半、114円に近づくと上値が重い
2016年2月15日 / 03:35 / 2年前

正午のドルは113円後半、114円に近づくと上値が重い

 2月15日、正午のドル/円は、12日のニューヨーク午後5時時点(113.20/25円)に比べ、ドル高/円安の113.80/82円。写真は都内で昨年6月撮影(2016年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 15日 ロイター] - 正午のドル/円は、12日のニューヨーク午後5時時点(113.20/25円)に比べ、ドル高/円安の113.80/82円。

早朝の取引では、海外投機筋が株高を先取りして113.70円付近まで買い上がったが、「日経平均が思ったほど上げなかった」(外銀)といい、いったんドルロングを投げる動きが見られた。

その後、春節明けで2.8%安で寄り付いた上海総合指数が下げ幅を縮小したことや、日経平均が上げ幅を拡大したことなどを好感し、ドルは113.87円付近まで伸び上がった。

ただ、「海外勢を含め、ドルの下値リスクを気にする参加者は多い」とされ、114円に接近すると、上値の重さが意識されやすいという。

中国税関当局が公表したデータによると、1月の人民元建輸出は前年同月比6.6%減少した。輸入は14.4%減だった。この結果、貿易収支は4062億元(623.3億ドル)の黒字となった。

貿易収支は弱い結果となったが、中国株が下げ幅を縮小したことで、リスク回避のセンチメントの広がりにはつながらなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below