Reuters logo
ドル全面安、トランプ氏のロシア疑惑巡る政治不安で=NY市場
2017年5月19日 / 21:15 / 4ヶ月前

ドル全面安、トランプ氏のロシア疑惑巡る政治不安で=NY市場

[ニューヨーク 19日 ロイター] - ニューヨーク外為市場ではトランプ米大統領とロシアの不透明な関係を巡り政治不安が高まるなかドルが主要通貨に対して売られ、ドル指数は昨年11月の米大統領選挙以降で最低水準を付けた。

主要6通貨に対するドル指数.DXYは0.75%下落。週初からの下落率は2%を超えた。

この日は米ワシントン・ポスト紙が関係筋の話として、昨年の米大統領選挙でのトランプ陣営とロシアとの関係を巡る捜査で、捜査当局がホワイトハウス高官でトランプ氏に近い人物に関心を示していると報じたことがドル売り要因となった。

テンパスの市場担当ディレクター、ジョン・ドイル氏は「ドルは今週は広範な売りにさらされているが、米国の政治リスクがその大きな理由となっている」と指摘。「昨日は売りはやや後退したが、この日は売りが再燃した」としている。

ドル指数を構成するバスケットのなかで最大の比率を占めるユーロに対しドルが下落したことも指数下落の大きな要因となった。

ドルは対ユーロEUR=で0.95%安の1.1205ドルと、6カ月ぶり安値を更新。最近の指標でユーロ圏経済の堅調な回復が確認されたことで欧州中央銀行(ECB)の緩和縮小が意識され、ユーロが買われたことが背景。

ドルはスイスフランに対しては0.65%安となり、6カ月ぶり安値を付けた。週間ベースでの下落率は2016年2月以来の大きさとなる見通し。

ドル/円JPY=は0.3%安の111.14円。週間ベースでは5週ぶりの下落となった。

ドルはブラジルレアルBRL=、メキシコペソMXN=、コロンビアペソCOP=、ロシアルーブルRUB=などの新興国通貨に対しても下落した。

ドル/円 NY終値 111.26/111.29

始値 111.38

高値 111.66

安値 111.05

ユーロ/ドル NY終値 1.1204/1.1210

始値 1.1163

高値 1.1211

安値 1.1161

表はロイターデータに基づいています

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below