豪短期債先物が上昇・豪ドルはパリティ割れ、日本の原発事故懸念で利下げ観測織り込む

2011年 03月 15日 12:47 JST
 
記事を印刷する |
  • Mixiチェック

 [シドニー 15日 ロイター] 15日のシドニー市場では、短期債先物価格が軒並み大幅上昇している。一方、豪ドルは売りが優勢となり、対米ドルでパリティを割り込んだ。地震で被災した福島県の原子力発電所周辺の放射能レベルが上昇しているとのニュースを受け、状況が悪化した場合、利下げが実施されるとの見方が広がっている。

 短期債先物<0#YBA:>は一時20ティック上昇。銀行間金利先物<0#YIB:>も14ティック上昇し、4月限YIBJ1が織り込む政策金利水準は、4.75%から4.70%となった。

 豪ドルAUD=D4は1%超下落し0.9986米ドルをつけた。

 債券先物は、3年債YTTc1が0.2ポイント高の95.15をつけ、6カ月ぶり高値となった。この日の上げは2009年10月以来最大。

 

 株式市場は2.8%下落し、6カ月ぶり安値をつけた。

 0052GMT(日本時間午前9時)時点でS&P/ASX200指数は129ポイント安の4497と、9月初旬以来の安値をつけた。

 ウラン関連株が売られ、パラディン(PDN.AX: 株価, 企業情報, レポート)が13.4%安、リオ・ティント(RIO.AX: 株価, 企業情報, レポート) (RIO.L: 株価, 企業情報, レポート)傘下のエナジー・リソーシズ・オブ・オーストラリア(ERA.AX: 株価, 企業情報, レポート)は11.8%安となった。

 

 
 
 

注目の商品

写真
米FRB議長講演:こうみる

イエレンFRB議長は22日、米経済は第1・四半期の減速から持ち直すともに、国内外の向かい風も収まり始める見通しだとして、FRBは年内に利上げするとの見方を示した。  記事の全文 | 関連記事 

外国為替フォーラム

写真
円安に冷めた海外投資家

12年半ぶりの円安も海外勢にはドル高の一面にすぎず、今後売られる通貨は別だとJPモルガンの佐々木融氏は分析。  記事の全文 | 関連記事 

 
写真
「リスクオンの円安」継続へ

3月以降の商品高・ドル安基調が緩やかながらも維持されることで、「リスクオンの円安」は継続すると、大和証券の亀岡裕次氏は予想。  記事の全文 

 
原油に波乱、6月下落も=柴田明夫氏
 
米国経済に悲観無用=村上尚己氏
 
ユーロ高示唆する欧州株高=斉藤洋二氏
 
米利上げ「時機」逸したか=鈴木敏之氏
 
GDPに歪み、勝負は7月=岩下真理氏

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円

株価検索

会社名銘柄コード
 
写真
FIFAに学ぶトップ生存術

会長選に落選したとしても、ブラッター氏の粘り強さには特筆に値する。  記事の全文 | 関連記事 

 
写真
残る「リーマンの亡霊」

リーマンショックの傷跡は、いまだに至る所に残っている。  記事の全文 

 
写真
限界近づく中国株ブーム

中国株活況の主要エネルギーがそろそろ残り少なくなってきたようだ。  記事の全文 

 
南シナ海で米国の「危険な賭け」
 
ギリシャ最良の道は「2度目の総選挙」
 
中国の不良債権、日本の「失敗」に学べ

外国為替フォーラム

*統計に基づく世論調査ではありません。