Reuters logo
F1=ロズベルクとハミルトン、最終戦アブダビGPで決着へ
2016年11月24日 / 04:31 / 10ヶ月前

F1=ロズベルクとハミルトン、最終戦アブダビGPで決着へ

 11月23日、自動車レースF1、個人総合優勝を争うメルセデスのチームメート、ニコ・ロズベルク(左)とルイス・ハミルトン(右)は、27日に決勝が行われる今季最終戦のアブダビGPで雌雄を決することに。サンパウロで12日撮影(2016年 ロイター/Paulo Whitaker)

[アブダビ 23日 ロイター] - 自動車レースF1、個人総合優勝を争うメルセデスのチームメート、ニコ・ロズベルク(ドイツ)とルイス・ハミルトン(英国)は、27日に決勝が行われる今季最終戦のアブダビ・グランプリ(GP)で雌雄を決することになった。

現在個人総合ではロズベルクが367ポイントの首位で、ハミルトンに12ポイント差をつけている。アブダビの決勝レースで3位以上の成績を挙げられれば、ロズベルクはドイツ人としてミヒャエル・シューマッハー、セバスチャン・フェテルに次ぐ3人目の王座に就く。

ロズベルクはこの1週間、家族や友人とくつろいで過ごすことができたとし、アブダビでは「勝利でシーズンを締めくくれるように全力を尽くす」とコメントした。

一方、4回目の個人総合優勝へわずかな可能性を残すハミルトンは「今週はかなり難しい戦いに直面しているが、ギブアップはできないし、あきらめない。何が起こるかは分からない」と語った。ハミルトンが逆転優勝を果たすためには3位以上でフィニッシュすることが絶対条件となる。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below