Reuters logo
ベネズエラで「反フラッキング」展示会、環境汚染に抗議
2015年3月3日 / 08:27 / 3年前

ベネズエラで「反フラッキング」展示会、環境汚染に抗議

[カラカス 2日 ロイター] - ベネズエラで、米国の石油・天然ガス開発による環境汚染に反対する展示会が始まった。タイトルには英語による「ののしり言葉」が使われ、強い抗議の意志をにじませている。

米国で生産が増えているシェールガスの採取は、ガスが存在する地層に高圧の水や化学物質を注入して岩を水圧破砕(フラッキング)する方法が用いられることが多い。これに対し環境学者らの間では、土壌汚染などの懸念が指摘されている。

「くたばれフラッキング」と銘打たれたこの展示会は、環境学や石油の専門家らによる講演などで構成。シンボルマークには、動脈から黒い石油を流すひび割れた心臓が描かれ、そこから伸びる枯れた葉により環境汚染への強い危機感を表している。

同国のマドゥロ大統領は、石油価格の下落がロシアの弱体化を狙った米国主導の陰謀との持論を展開しており、産油国ベネズエラもその標的だと訴えている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below