Reuters logo
マクロン氏政党がドゴール氏以来の多数確保か、仏下院選世論調査
2017年6月6日 / 15:20 / 5ヶ月前

マクロン氏政党がドゴール氏以来の多数確保か、仏下院選世論調査

[パリ 6日 ロイター] - フランス国民議会(下院)選挙は、マクロン大統領の政党「共和国前進」の得票率が、ドゴール元大統領陣営が地すべり的勝利を収めた1968年以降で最大多数を確保する勢いだ。

イプソス/ソプラ・ステリアの投票意向調査で6日、判明した。

調査結果によると、11日の第1回投票は、共和国前進の得票率が29.5%、共和党・連携政党は23%、国民戦線(FN)は17%、急進左派「屈しないフランス」は12.5%、社会党は8.5%となった。

18日の第2回投票は、共和国前進が下院(577議席)中、385─415議席を獲得する情勢だ。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below