Reuters logo
フィヨン氏が大差で勝利と予想、仏右派の決選投票=世論調査
2016年11月24日 / 04:03 / 10ヶ月前

フィヨン氏が大差で勝利と予想、仏右派の決選投票=世論調査

 11月23日、IFOPとフィデュシアルの世論調査の調査によると、来年のフランス大統領選に向けた中道・右派陣営の候補者を決める予備選の決選投票で、フィヨン元首相(62)が大差で勝利する見通しとなった。写真はフランスのリヨンで22日撮影(2016年 ロイター/Robert Pratta)

[パリ 23日 ロイター] - IFOPとフィデュシアルの世論調査の調査によると、来年のフランス大統領選に向けた中道・右派陣営の候補者を決める予備選の決選投票で、フィヨン元首相(62)が大差で勝利する見通しとなった。

フィヨン氏の予想得票率は65%となり、ライバルであるジュペ元首相の35%を上回った。

フィヨン氏は予備選の第1回投票で1位となったが、予備選までの数カ月の世論調査では、ジュペ氏がリードしていた。

第1回投票でサルコジ元大統領に投票した人の4分の3がフィヨン氏に投票する見通し。

調査は、テレビ局iTELE、週刊誌パリ・マッチ、シュド・ラジオの委託で11月21─23日、6901人を対象に実施された。

左派陣営に結束がみられず、社会党のオランド大統領への支持も低いことから、中道右派の候補者が来年5月の大統領選に勝つと予想されている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below