Reuters logo
仏10年債利回りが1カ月ぶり低水準、大統領選巡る懸念の緩和で
2017年2月27日 / 09:25 / 7ヶ月前

仏10年債利回りが1カ月ぶり低水準、大統領選巡る懸念の緩和で

[ロンドン 27日 ロイター] - 27日の欧州債券市場で、フランスの10年債利回りが1カ月ぶりの低水準を付け、ドイツ連邦債との利回りスプレッドが縮小している。最新の世論調査で、仏大統領選の5月決選投票では中道系の独立候補であるマクロン前経済相が、極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首に圧勝すると予想されていることが背景。

仏10年債利回りFR10YT=TWEBは2.5ベーシスポイント(bp)低下し、0.90%と1カ月ぶりの低水準。

一方、独連邦債利回りDE10YT=TWEBは小幅に上昇。仏国債との利回りスプレッドは約70bpと過去1週間余りで最もタイトな水準となった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below