Reuters logo
米フリーポートのLNG輸出基地、規制当局が建設認可
2014年7月31日 / 03:27 / 3年前

米フリーポートのLNG輸出基地、規制当局が建設認可

[ワシントン 30日 ロイター] - 米連邦エネルギー規制委員会(FERC)は30日、米フリーポートLNGデベロップメントが計画しているテキサス州の液化天然ガス(LNG)輸出基地の建設を認可した。

LNG輸出計画をFERCが認可したのはこれで3件目。LNGの輸出量は最大で日量18億立方フィートとなる見通し。

FERCは先月、エネルギー大手センプラ・エナジー(SRE.N)がルイジアナ州のキャメロン・プラントで手掛けるLNG輸出ターミナルの建設を認可した。

輸出計画をめぐっては、米エネルギー省が公益にかなうかを、FERCが計画の設計・運営上の安全性と環境への影響を判断し、認可を下すことになっている。

エネルギー省は昨年、フリーポートの計画を条件付きで承認。前提となっていたFERCの認可が下りたため、エネルギー省からも最終的な承認を得られることになる。

次にFERCが認可する可能性があるのは、メリーランド州コーブポイントで進められているドミニオン・リソーシズ(D.N)の基地。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below