Reuters logo
富士フイルムが東芝に質問状、医療子会社の売却期日に疑問
2016年3月16日 / 10:46 / 2年前

富士フイルムが東芝に質問状、医療子会社の売却期日に疑問

 3月16日、富士フイルムホールディングスは、東芝が実施している医療機器子会社の売却手続きに疑問があるとして、同社に質問状を送付したことを明らかにした。2015年11月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 16日 ロイター] - 富士フイルムホールディングス(4901.T)は16日、東芝(6502.T)が実施している医療機器子会社の売却手続きに疑問があるとして、同社に質問状を送付したことを明らかにした。

東芝は経営再建の一環として東芝メディカルシステムズ(栃木県大田原市)の売却を計画しており、9日にキヤノン(7751.T)に対して独占交渉権を付与した。交渉期限は18日。

これに対して富士フイルムは、東芝はメディカルの売却益を2016年3月期に計上するために、3月末までに売却手続きを完了する予定だと報じられているが、それには疑問があると主張。

具体的には、この案件は独占禁止法上、公正取引委員会への届出が必要で、届出が受理されてから30日を経過するまではキヤノンは株式を取得できないはずだと指摘した。この期間は短縮されることもあるものの、独占交渉権が付与された9日時点で3月末までの株式取得を前提にすることに疑問を呈している。

富士フイルムは米国や欧州、中国等でも同様の事態が想定されるとして、「売却益は重要地域における必要な競争当局のクリアランス取得後のクロージング時に計上されるべきだ」との見解を示し、そうした中で、なぜキヤノンに独占交渉権を付与するに至ったのかについて説明を求めた。

これに対して、東芝は「当社としてコメントすることはない」(広報担当者)としている。

富士フイルムは回答期限を17日午後3時に設定した。

東芝メディカルの入札をめぐっては、当初、国内外のおよそ10陣営からの応札があったが、金額が跳ね上がったことでファンド勢が軒並み戦線を離脱。4日に締め切られた最終入札では、キヤノンと富士フイルムが競り合っていた。

志田義寧

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below