Reuters logo
ビル・ゲイツ氏らがクリーンエネ基金設立、総額10億ドル超
2016年12月13日 / 00:51 / 9ヶ月前

ビル・ゲイツ氏らがクリーンエネ基金設立、総額10億ドル超

 12月12日、米マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツ氏(写真)は、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)らとともにクリーンエネルギーの研究開発に10億ドル超を投資する。アジスアベバで7月撮影(2016年 ロイター/Tiksa Negeri)

[12日 ロイター] - 米マイクロソフト(MSFT.O)の創業者ビル・ゲイツ氏は、フェイスブック(FB.O)のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)や、中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディング(BABA.N)の馬雲(ジャック・マー)会長らとともにクリーンエネルギーの研究開発に10億ドル超を投資する。

新ファンド「ブレークスルー・エナジー・ベンチャーズ(BEV)」を設立し、地球温暖化ガスの排出削減につながる新興エネルギーの研究を推進する。

新ファンドの投資家には、ソフトバンクグループ(9984.T)の孫正義社長、リンクトインの共同創業者リード・ホフマン氏、アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)のジェフ・ベゾスCEO、ヴァージン・グループの創業者リチャード・ブランソン氏らも含まれている。

同ファンドは、世界各国の政府機関や民間投資家によるエネルギーの研究開発に関する官民共同プロジェクト「ブレークスルー・エナジー・コアリション」の投資ファンドとなる。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below