Reuters logo
G20、通貨下落見込まれる決定は事前に通知へ=ユーログループ議長
2016年2月27日 / 11:48 / 2年前

G20、通貨下落見込まれる決定は事前に通知へ=ユーログループ議長

 2月27日、ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)のデイセルブルム議長(オランダ財務相)は20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、為替相場の下落につながるような政策決定を行う際に事前に通知することで合意したことを明らかにした。写真はG20の会場でスクリーンに映し出された人民元紙幣(2016年 ロイター/Aly Song)

[上海 27日 ロイター] - ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)のデイセルブルム議長(オランダ財務相)は27日まで行われた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、為替相場の下落につながるような政策決定を行う際に事前に通知することで合意したことを明らかにした。

G20終了後に記者団に述べた。

日本や中国などが競争的な通貨切り下げを行うことを一部のG20当局者が懸念したことが今回の決定の背景にあると説明した。

「誰もがそうした状況を避ける必要があるとはっきり認識している」とした上で「競争的な通貨切り下げに陥ることへの懸念がある。いったんある国が(切り下げを)始めれば、他国が追随するリスクは非常に大きい」と指摘した。

「国内のマクロ経済上の理由による」金融政策の結果、為替相場の下落が予想される場合は、G20各国は事前に通知し不意を突かれる事態を回避しなければならないと述べた。

情報交換は「G20の枠組み」で実施し、「有効な場合」は国際通貨基金(IMF)を通じても行うとしている。

「不意を突かれることがないようにしたいという点がポイントだ。これは競争的な通貨切り下げを避けることに加えて、G20の追加的なコミットメントだ」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below