Reuters logo
一部の貿易協定は見直し必要、G20の結果に満足=米財務長官
2017年3月19日 / 01:36 / 6ヶ月前

一部の貿易協定は見直し必要、G20の結果に満足=米財務長官

 3月18日、ムニューシン米財務長官はドイツのバーデンバーデンで開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議後に記者会見し、米国は引き続き自由貿易を堅持するが、一部の貿易協定は見直したいとの考えを示した。(2017年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[バーデンバーデン(ドイツ) 18日 ロイター] - ムニューシン米財務長官はドイツのバーデンバーデンで開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議後に記者会見し、米国は引き続き自由貿易を堅持するが、一部の貿易協定は見直したいとの考えを示した。

今回のG20共同声明では貿易について形だけの言及にとどまり、自由貿易支持を表明したこれまでの声明の踏襲を目指した議長国ドイツはメンツをつぶされた形となった。

ムニューシン長官がG20に参加するのは今回が初めて。長官は「過去の声明は必ずしも適切ではない」と指摘。「私は(トランプ米)大統領の要望と政策を理解しており、それを交渉するために来た。結果について最高に満足している」と述べた。

「米国は世界最大の市場の一つであり、自由貿易の重要性を認識している」としながらも「一部の(貿易)協定を修正したいと考えている」と言明。北米自由貿易協定(NAFTA)は修正が必要で、国際貿易機関(WTO)についても、いくつかの規則の運用を改善したり古い協定を見直したりすべきと主張した。

長官は新銀行自己資本比率規制「バーゼルIII」については支持を表明した。

「バーゼルIIIをめぐり合意することを期待している。国際市場に一体性をもたらす必要がある」と述べた。

*写真をつけて再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below