Reuters logo
GDPマイナス成長、力強さに欠けるが「底堅い」=石原経済再生相
2016年2月15日 / 01:39 / 2年後

GDPマイナス成長、力強さに欠けるが「底堅い」=石原経済再生相

 2月15日、石原伸晃経済再生担当相は、2015年10—12月期の国内総生産(GDP)速報値が、物価変動を除く実質で2四半期ぶりにマイナス成長になったことについて「力強さには欠けるが底堅い動き。日本のファンダメンタルズは良好」との認識を示した。写真は都内で1月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 15日 ロイター] - 石原伸晃経済再生担当相は15日、2015年10—12月期の国内総生産(GDP)速報値が、物価変動を除く実質で2四半期ぶりにマイナス成長になったことについて「力強さには欠けるが底堅い動き。日本のファンダメンタルズは良好」との認識を示した。指標発表後に都内で記者会見した。

石原再生相は会見で「デフレ脱却・経済再生をさらに前進させ、経済の好循環を拡大する」と指摘。その上で「消費の持ち直しに向け、力強い賃金上昇や政策に取り組む」と語った。追加対策が必要かとの問いには「2015年度補正予算が実施に移り、GDP底上げの効果としては重要。16年度予算案の早期成立をめざす」と述べるにとどめた。

世界的なリスク回避の動きについても触れ、「中国や世界経済の変動を受けやすい資源国をはじめとする新興国の動向や、市場の動きを緊張感をもって注視する」との認識をあらためて示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below