Reuters logo
コラム:米GEの新CEO、グローバル化の「限界」超えるか
2017年6月13日 / 08:20 / 3ヶ月前

コラム:米GEの新CEO、グローバル化の「限界」超えるか

 6月12日、米大手複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)は、ジェフ・イメルト会長兼CEO(写真右)が退任し、8月1日付で後任のCEOにGEヘルスケアのプレジデント兼CEOであるジョン・フラナリー氏(写真中央)が就任すると発表。写真は2014年、パリのエリゼ宮にて(2017年 ロイター/Christian Hartmann)

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米大手複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)(GE.N)は12日、ジェフ・イメルト会長兼最高経営責任者(CEO)が退任し、8月1日付で後任のCEOにGEヘルスケアのプレジデント兼CEOであるジョン・フラナリー氏が就任すると発表した。

資産規模2550億ドルの巨大企業GEは、フラナリー氏の指名により、国籍のない、グローバリストとしての将来を見据え、米国をルーツとする企業の限界を超える戦略への賭けに出ているようだ。

フラナリー氏はキャリアの大部分を海外での成長促進に費やしてきた。また事業の再構築にも無縁ではない。

多国籍企業のトップは世界情勢の激変に直面しているが、フラナリー氏は「つき」も手中に収めてきた。

イメルト氏は2001年9月11日、金融事業を重視し、目先の収入のために世界クラスの製造・エンジニアリング力による高い格付けを引き換えにすることもいとわなかったGEの経営を引き継いだ。

任期中には金融危機を受け、2600億ドルに上る金融資産を本体から分離。家庭用機器やプラスチック、メディアの売却も実現した。

しかし、本社のボストン移転やインダストリアル・インターネットへの傾注といったGEのイメージ再構築にもかかわらず、イメルト氏は株価の低調なパフォーマンスに悩まされてきた。

同氏の任期中、GEは1430億ドルの配当を株主に還元したが、株価は30%近く下落した。

一方、フラナリー氏は、医療機器部門のトップが直近の肩書だが、GEの社内を渡り歩いてきた。

社歴はレバレッジドバイアウトのリスク評価で始まり、その後は世界の拠点を一周。アジア、インド、アルゼンチンで事業を任されてきた。

これは電力や輸送、エネルギーやヘルスケアを渇望する地域にGEの成長の源が存在する証拠でもある。

イメルト氏も昨年、世界的な保護主義の傾向は「企業が自身で世界を導いていかなければならないことを」意味していると述べている。

オールマン・ブラザーズ・バンドの大ファンであるフラナリー氏には、自身もイメルト氏の後継者となることを夢見ていたGE傘下部門を率いる幹部らに、将来はバラ色だと信じさせる困難な任務が待ち受けている。

ジャック・ウェルチ氏の後継者としてイメルト氏が昇進したときには、幹部の退社も相次いだ。

また、ネルソン・ペルツ氏率いるトライアンなどの株主も安心させる必要がある。

こうした人々を満足させるため、フラナリー氏はイメルト氏が実施したような急伸的戦略を掘り起こす必要があるかもしれない。

例えばベーカー・ヒューズBHI.Nとの石油・ガス部門統合は、GEが采配を振るうことのできる独立した上場会社の誕生につながった。

こうした枠組みはより幅広く適用でき、GEがローカライズ化に着手する中で、連盟的な経営形態となっていく可能性もある。

そうした意味で、イメルト氏の負の遺産の行方はフラナリー氏次第と言えそうだ。

●背景となるニュース

・GEは12日、イメルト会長兼CEOが退任し、8月1日付で後任のCEOにGEヘルスケアのプレジデント兼CEOであるフラナリー氏が就任すると発表した。

・フラナリー氏は約30年前にGEキャピタルに入社。GEヘルスケアでは利益率の改善など業績好転に寄与した。[nL3N1J93RT]

*筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below