Reuters logo
コラム:ドイツ銀、RBSの二の舞を避けられるか
2016年10月17日 / 04:16 / 1年前

コラム:ドイツ銀、RBSの二の舞を避けられるか

 10月14日、今年のドイツ銀行の姿は、2010年のロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)を思い起こさせる。フランクフルトのドイツ銀行本店前で9月撮影(2016年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[ロンドン 14日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 今年のドイツ銀行(DBKGn.DE)の姿は、2010年のロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)(RBS.L)を思い起こさせる。

ドイツ銀は、住宅ローン担保証券(MBS)の不正販売をめぐり米司法省から制裁金を求められていることへの懸念を背景とした株価下落はひとまず食い止めた。だが上半期に計上した20%という減収の規模は、RBSが6年前に見舞われた業績悪化に良く似ている。RBSの場合は、その後企業価値がほぼなくなる事態にまで転落の一途をたどった。

ドイツ銀のジョン・クライアン最高経営責任者(CEO)には、RBSの当時のスティーブン・ヘスターCEOより有利な点がいくつかある。ドイツ銀の方がホールセール事業は強固だし、国内市場も大きい。国営でないドイツ銀は経営の制約がより少なく、人員削減数を2倍の1万9000人に拡大することなど現在検討されている対策が、最終的に利益を押し上げる可能性もある。クライアン氏は、増資で獲得した資金を経営立て直しに役立つ投資に回すことができるだろう。

リテールと訴訟問題を脇に置けば、いくつかの基調的な事業に潜在的な力があることを示す材料はある。複数の幹部は、米司法省への制裁金問題を懸念した富裕層向け資産管理部門からの資金流出は、それほど大きくないと話す。企業合併・買収(M&A)関連の収入は着実に上向いている。また米規制当局が新たな規制を導入するリスクをヘッジしたいと顧客が考えていることが、欧州で傑出した投資銀行としてのドイツ銀にとって追い風になってもおかしくない。

しかしドイツ銀が進めるリストラが、今抱えている問題を悪化させるだろう。

上半期は、ポストバンク売却要因を除く収入の3分の1強を占めるトレーディングの落ち込みが他の部門よりも大きくなった。コアリションのデータによると市場シェアは大幅に低下しており、これが一層不安を助長している。株式の引き受けとデリバティブ・トレーディングは打撃を受け続け、いくつかのヘッジファンドが預金を引き揚げたため今後はいわゆる「プライムブローカレッジ」事業も低迷するとみられる。

また、クライアン氏は、すぐには市場シェアを回復できない。1つのネックは経費節減のための採用凍結で、もう1つは同じ理由から賞与額が抑えられてより多くの幹部が退社してしまう可能性だ。

ドイツ銀にとってはこれから数四半期がのるかそるかの局面と言える。同行にとって特に重要な金利商品を取り巻く環境の先行きが7─9月に業界全般として明るくなったことは、プラス材料だったかもしれない。これによりマッコーリーのアナリストチームは、ドイツ銀の予想1株利益をバークレイズ(BARC.L)以外のすべての銀行よりも大幅に上方修正した。とはいえ、ドイツ銀の株主にとって心配なのは、RBSが身をもってはっきり証明したように、いったん下向きの力が働き始めればそれを止めるのは難しいという点にある。

●背景となるニュース

*ドイツ銀の米司法省に対する制裁金支払い問題の影響について、複数の同行幹部はロイターに富裕層向け資産管理部門からある程度の資金が流出しているものの、流出規模は大きくないと語った。

*グローバル・ウエルス・マネジメント事業責任者ファブリツィオ・カンペッリ氏は「このような状況が一定の資金流出を生み、顧客の一部がリスク管理のために決断しなけれならないのは当然だ。しかしこれはわれわれに重大な懸念をもたらす要素ではない」と強調した。

*ドイツ銀のアジア太平洋地域ウエルス・マネジメント事業責任者ロク・イム氏もロイターに、同地域の資金流出は大きくないと説明した。

*事情に詳しい関係者は13日、ドイツ銀が経費節減のため各部門で幅広く採用凍結に乗り出したとロイターに話した。

*筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below