Reuters logo
独政府、ドイツ銀の問題めぐり米当局と慎重な協議=関係筋
2016年10月5日 / 20:56 / 1年前

独政府、ドイツ銀の問題めぐり米当局と慎重な協議=関係筋

[ベルリン 5日 ロイター] - ドイツ政府が、同国の銀行最大手ドイツ銀行 のモーゲージ担保証券(MBS)の不正販売問題をめぐり、米当局と慎重な協議を進めていることが、独政府高官や関係筋の話から明らかになった。ドイツ銀が米当局と迅速な和解にこぎ着けることを後押ししたい考えという。

最大140億ドルの罰金支払いを求めている米司法省とドイツ銀の和解に向けた交渉をめぐり、独政府はこれまで、ドイツ銀が尽力すべきとして、政府の役割については控えめな見解を示してきた。

ただ、複数の独政府高官はロイターに対し、同政府はドイツ銀が大手行として体制を立て直す時間を稼ぐためにも、米当局との迅速な和解を取り付けることを促進したい考えと語った。

高官のひとりは、米・独両政府の関係者が「すべてのレベルで連絡を取り合っている」とした。

また、別の関係筋によると、ショイブレ独財務相は今週の米ワシントンで開催される国際通貨基金(IMF)総会への出席の際、米司法省高官らと会合することは予定していないものの、「財務相レベルでなくても、対話を行うことはできる」とした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below