Reuters logo
1月ドイツ経常黒字が大幅縮小、今年は貿易黒字抑制へ
2017年3月10日 / 09:53 / 6ヶ月前

1月ドイツ経常黒字が大幅縮小、今年は貿易黒字抑制へ

[ベルリン 10日 ロイター] - ドイツ連邦統計庁が10日発表した1月の貿易統計によると、輸入は市場予想以上に増加し、同じく予想外に堅調だった輸出の伸びを上回った。

経常収支の黒字幅は大幅に縮小した。

輸入(季節調整済み)は前月比3.0%増、輸出は同2.7%増。

ロイターが集計したエコノミスト予想は、輸出が1.85%増、輸入が0.5%増だった。

1月の貿易収支(季節調整済み)は185億ユーロの黒字となり、黒字幅は12月の183億ユーロからやや拡大した。ロイター調査の予想は180億ユーロの黒字だった。

経常収支の黒字は12月の248億ユーロ(改定値)から128億ユーロに急減した。

サル・オッペンハイムのエコノミストは、「今年の内需は引き続き堅調で、輸入は輸出を上回る伸びを示すと見込んでいる。このため貿易黒字は依然高水準だが抑制されるだろう」と指摘。

同氏は、輸入を一段と押し上げて貿易黒字を大きく減らすには国内企業の投資増が必要としたが、「一連の政治リスクや不透明感などから企業は投資を控えている」と述べた。

調整前の貿易収支は、欧州連合(EU)以外の輸出は急増する一方、輸入はユーロ圏外のEU諸国がとりわけ強いことを示した。

貿易統計は年初にドイツ経済のエンジンがフル回転し、旺盛な内需が輸出依存型経済のリバランスに寄与していることを示した。

2016年の輸出は1.2%増加して過去最高の1兆2000億ユーロとなる一方、輸入も0.6%増加して過去最高の9550億ユーロを記録。

16年通年の貿易収支は2529億ユーロの黒字となり、過去最高を更新した。

トランプ米政権で新設された国家通商会議のナバロ委員長は今週6日、650億ドルに上る米国の対ドイツ貿易赤字は極めて困難な通商問題の1つとし、欧州連合(EU)の制約の外で赤字縮小に向けた2国間協議が必要との認識を示した。

これに対し、ショイブレ独財務相は7日、ドイツの経常黒字は国内企業の競争力の高さが要因であり、為替操作の結果ではないと述べ、対独貿易赤字に関する米国の批判を退けた。

*内容を追加して再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below