Reuters logo
コラム:金融危機後の「新標準」終えんにおびえる市場
2017年7月3日 / 05:42 / 3ヶ月前

コラム:金融危機後の「新標準」終えんにおびえる市場

 6月30日、米大手資産運用会社ピムコのファンドマネジャーが、金融危機後の状況を「ニューノーマル(新標準)」と名付けたのは2009年初めだ。だが今、こうした環境が終わりを迎えつつあるとの兆候が出ていることに、市場はおびえている。昨年9月、ロンドンで撮影(2017年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 30日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米大手資産運用会社ピムコのファンドマネジャーが、金融危機後の状況を「ニューノーマル(新標準)」と名付けたのは2009年初めだ。さえない経済成長、低いままの物価上昇率、超低金利というキーワードは、その後8年間のほとんどの期間で投資をする際の信頼できる道しるべだったことは、既に証明された。だが今、こうした環境が終わりを迎えつつあるとの兆候が出ていることに、市場はおびえている。

当分の間、世界経済はやや上向く流れであるのは間違いない。国際通貨基金(IMF)は、今年の世界全体の国内総生産(GDP)成長率は3.5%に達するとみている。中国で金融危機が発生して経済が落ち込むとの懸念は後退した。欧州連合(EU)欧州委員会が算出するユーロ圏の景況感は、ほぼ10年ぶりの高水準になった。

しかしこの経済情勢改善に対して中央銀行がどう反応するかを巡る見通しが、なお資金運用担当者の動揺を誘い続けている。ユーロ圏の国債利回りは6月最終週に急騰した。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁の発言が幾分タカ派方向に傾いたと受け止められたからだ。資金調達コストが上がるとの見方は株式市場にも影を落とし、STOXX欧州600種指数は6月の下落率が2%を超えた。

成長の高まりが株安をもたらしかねないという考え方が出てきているのは、いかに市場が歪んでいるかを改めて思い起こさせる。緩和マネーは国債利回りを押し下げただけでなく、企業や消費者の借り入れコストも引き下げた。低金利は、将来の企業利益の増加を約束する株式により高い代金を支払ってもよいと投資家に思わせたり、企業が気前よく配当を実施させた可能性もある。

金融危機後のニューノーマルの幕が下りたと宣言するのは時期尚早だ。結局のところ、ECBはまだ毎月600億ユーロの債券を買い入れ、独10年債利回りが1週間弱で0.24%から0.46%に上がったといっても水準自体は昨年初めより低い。

経済復活の兆しが偽りだったことが後で判明する事態もあり得る。トランプ氏の大統領選勝利後に広がった、減税やインフラ投資などの成長テコ入れ政策が実現するという期待もほとんど剥げ落ちた。各中銀は、早まった金融引き締めが市場を打ちのめし、ひいては消費者や企業の自信を損なうことを承知している。

それでもニューノーマルを構成してきた重要な条件は揺らぎつつある。投資家はそうした見方に慣れていく必要があるだろう。

●背景となるニュース

*6月の欧州株は、月間ベースで1年ぶりの大幅下落を記録。金融引き締め懸念が響いた。

*独10年国債利回りは30日午前までの1週間の上昇率が、週間ベースで2015年以来の大きさとなった。同国債利回りはこの間、0.24%から0.46%に上昇。イタリア10年債利回りは同じ期間で1.9%から2.14%に上がった。

*ロイターが29日公表した金融専門家300人に対する調査では、世界の21の主要株価指数のうち20は年末までに上昇すると見込まれている。

*筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below