Reuters logo
原油先物、サウジ輸出量減少で小幅高 米増産基調で上値重く  
2017年2月20日 / 19:37 / 7ヶ月前

原油先物、サウジ輸出量減少で小幅高 米増産基調で上値重く  

[ニューヨーク/ロンドン 20日 ロイター] - 米東部時間中盤の取引で、原油先物相場が小幅上昇している。主要産油国の協調減産の実効性をめぐり楽観的な見方が広がった。ただ、米国の生産量増加や在庫の高止まりが上値を抑えている。

20日公表の公式データによると、石油輸出国機構(OPEC)の盟主、サウジアラビアの昨年12月の原油輸出量は日量801万4000バレルと、11月の825万8000バレルから減少した。

米東部時間午前11時22分(日本時間21日午前1時22分)時点で、北海ブレント先物は0.38ドル高のバレル当たり56.19ドル。米WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)先物は0.29ドル高の53.69ドル。

米市場がプレジデンツデーで休場のため商いは薄かった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below