Reuters logo
米原油先物、12年ぶり安値から急反発 協調減産への期待で
2016年2月12日 / 01:31 / 2年後

米原油先物、12年ぶり安値から急反発 協調減産への期待で

 2月12日、米原油先物がアジア時間午前の取引で急反発している。アラブ首長国連邦(UAE)エネルギー相の発言を受けて、協調減産への期待感が高まった。写真はソウルで2012年6月撮影(2016年 ロイター)

[シンガポール 12日 ロイター] - 米原油先物が12日アジア時間午前の取引で急反発している。アラブ首長国連邦(UAE)エネルギー相の発言を受けて、協調減産への期待感が高まった。ただしアナリストは、減産の可能性は低い、と見ている。

米原油先物CLc1は0014GMT(日本時間午前9時14分)現在、前日清算値比1.14ドル(4.35%)高の1バレル=27.35ドル。前日の取引では12年ぶりの安値水準をつける場面もあった。

UAEのマズルーイ・エネルギー相は、OPEC加盟国は減産について他の産油国と協力する用意がある、との認識をあらためて示した。

アナリストらは、OPECと非OPEC産油国が共通の政策について合意に達する可能性は低い、と指摘。価格下落は供給過剰の結果であり、長引く見通しだとしている。ANZ銀は12日、「OPECが減産協力に前向きだというUAEエネルギー相のコメントには、ほとんどインパクトがない。協調減産の可能性は極めて低い」との見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below