Reuters logo
原油先物2%近く上昇、OPEC合意後押し 供給過多解消は不透明
2016年9月29日 / 16:41 / 1年前

原油先物2%近く上昇、OPEC合意後押し 供給過多解消は不透明

[ニューヨーク 29日 ロイター] - 29日の原油先物相場は2%近く値上がりして推移。石油輸出国機構(OPEC)が前日、8年ぶりの減産で合意したことが材料となっている。ただし、減産で市場の供給過多が解消されるかは不透明とみられている。

北海ブレント原油先物LCOc1は0.80ドル(1.6%)高の49.49ドル。一時47.99ドルに値下がりする場面もみられた。米国原油の指標であるWTI(ウェスト・テキサス・インターミディエイト)原油先物CLc1は0.85ドル(1.8%)高の47.90ドル。

OPECは日量70万バレル程度の減産を計画しているが、アナリストによると、市場は世界的に同100-150万バレル程度の供給過多の状態だという。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below