Reuters logo
原油先物が1%超上昇、米軍のシリア空爆で
2017年4月7日 / 02:07 / 6ヶ月前

原油先物が1%超上昇、米軍のシリア空爆で

[シンガポール 7日 ロイター] - 米軍がシリア政府軍の拠点に向けて巡航ミサイルを発射したことを受け、アジア時間7日の取引で原油先物が1%超上昇した。

米政府高官は、50発以上の「トマホーク」ミサイルがシリア政府軍の拠点に向けて発射されたと述べた。

0146GMT(日本時間午前10時46分)時点で北海ブレント先物は前日終値比1.3%高の1バレル=55.60ドル。

WTI先物は1.4%高の52.40ドル。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below