Reuters logo
原油先物が上昇、供給タイト化や中東地域の緊張感の高まりで
2017年6月5日 / 04:01 / 4ヶ月前

原油先物が上昇、供給タイト化や中東地域の緊張感の高まりで

[シンガポール 5日 ロイター] - 5日の原油先物が上昇。サウジによる原油販売価格の引き上げや米原油生産の根強い増加をわずかに上回る石油輸出国機構(OPEC)の減産が支援材料となっている。

サウジアラビアがテロリズムや過激思想に対する懸念を背景にカタールとの国交を断絶し、中東地域で緊張感が高まったことも原油高につながったという。

0308GMT(日本時間午後0時08分)時点で、ブレント原油先物は0.26ドル(0.5%)高の1バレル=50.21ドル。

米原油先物は0.24ドル(0.5%)高の同47.90ドル。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below