Reuters logo
金が1年ぶり高値に急伸、不透明感背景に安全資産買い
2016年2月11日 / 22:58 / 2年前

金が1年ぶり高値に急伸、不透明感背景に安全資産買い

[ニューヨーク/ロンドン 11日 ロイター] - 金は11日、5%超上昇し、1年ぶり高値をつけた。金融市場の不透明感やドル安、世界的な株安を受け、安全資産の金にマネーが流入した。米金先物中心限月の取引高は2014年末以来の水準に膨らんだ。

 2月11日、金は5%超上昇し、1年ぶり高値をつけた。金融市場の不透明感やドル安、世界的な株安を受け、安全資産の金にマネーが流入した。ムンバイで2009年撮影(2016年 ロイター/Arko Datta)

ジュリアス・ベアのアナリスト、カールステン・メンケ氏は「安全を求める投資家が(金に)戻ってきている。当社では、保険として金をポートフォリオに追加するよう、顧客に対してアドバイスしている。状況がこれ以上悪化すれば、さらに上値余地がある」との見方を示した。

金現物XAU=は1940GMT(日本時間12日午前4時40分)現在、5%高の1オンス=1257.26ドル。一時は5.3%高の同1260.60ドルまで上昇し、2015年2月以来の高値をつけた。

米金先物4月限GCJ6清算値は4.5%高の1247.80ドル。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below