2017年10月13日 / 07:29 / 6日前

スイスの下水に含まれる金銀は3億円超に、時計メーカーが排出か

 10月12日、スイス連邦水科学技術研究所(EAWAG)は、国内の下水処理施設の沈殿物に昨年、金額にして300万スイスフラン(約3億4500万円)に相当する合わせて金43キロ、銀3トンが含まれていたとのリポートを発表した。写真はバレルナの金製品製造工場で2012年12月撮影(2017年 ロイター/Michael Buholzer)

[チューリヒ 12日 ロイター] - スイスの政府系研究機関、スイス連邦水科学技術研究所(EAWAG)は、国内の下水処理施設の沈殿物に昨年、合わせて金43キロ、銀3トンが含まれていたとのリポートを発表した。金額にして300万スイスフラン(約3億4500万円)に相当するという。

主な排出元は、金や銀を製品や生産過程で使用する時計メーカーや製薬会社、化学産業などとみられている。

リポートを作成したBas Vriens氏は12日、「怒って宝石をトイレに捨てる話を聞くことがあるが、残念ながら指輪は見つからなかった。金銀はマイクログラムもしくはナノグラムの極小レベルで、まとまると大量になる」と述べた。

研究者らは、沈殿物を焼却処分する前に貴金属を抽出する価値があるかを検討しているが、これまでのところコスト効率が良いとの結果は得られていないという。

高レベルの貴金属が見つかったのは西部ジュラ地方で、時計の装飾に貴金属を使う時計メーカーと関連があるとみられている。金の精製施設が点在する南部ティチーノ県でも、高レベルの貴金属が検出され、Vriens氏は、貴金属を抽出する意味があるのはこの地方のみだと述べた。

このほか、医療用造影剤に使用するガドリニウムなどのレアメタル(希少金属)も見つかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below