Reuters logo
金現物が4カ月ぶりに1600ドル割れ、欧州危機めぐる不透明感で
2012年5月8日 / 17:52 / 5年前

金現物が4カ月ぶりに1600ドル割れ、欧州危機めぐる不透明感で

5月8日、金現物が2%超下落し、1月上旬以来4カ月ぶりに1オンス=1600ドルを割り込んだ。写真はインド北部チャンディーガルで撮影(2012年 ロイター /Ajay Verma)

[8日 ロイター] 8日の取引で金現物が2%超下落し、1月上旬以来4カ月ぶりに1オンス=1600ドルを割り込んだ。ユーロ安や欧州債務危機をめぐる不透明感の高まりを受け、テクニカルな売りが広がっている。

金現物は一時、1月5日以来4カ月ぶりの安値となる1599.29ドルをつけた。1407GMT(日本時間午後11時07分)現在、2.2%安の1602.55ドル。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below