Reuters logo
GPIF、10―12月に運用益4.7兆円 株価回復で2四半期ぶり
2016年3月1日 / 07:42 / 2年前

GPIF、10―12月に運用益4.7兆円 株価回復で2四半期ぶり

[東京 1日 ロイター] - 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は1日、2015年10―12月の運用収益が4兆7302億円だったと発表した。国内外の株式相場の好転で利回りは3.56%と、2・四半期ぶりにプラスとなった。年金資産の積立金は12月末時点で139兆8249億円となり、9月末からは4兆7162億円増加した。

 3月1日、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、2015年10―12月の運用収益が4兆7302億円だったと発表した。国内外の株式相場の好転で利回りは3.56%と、2・四半期ぶりにプラスとなった。写真は都内で2014年9月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

資産ごとの運用収益は国内株式が2兆9660億円(利回りはプラス9.92%)、外国株式が1兆5854億円(同5.28%)、国内債券が3785億円(同0.75%)となった。外国債券は2179億円(利回りはマイナス1.10%)のマイナス運用だった。

年金特別会計で保有する短期資産について、厚生労働省は12月末の時点で2兆1000億円程度としており、GPIFは9月末から国内債券を1兆0500億円程度減らす一方、国内株式を4300億円程度、外国債券を4300億円程度、外国株式を6500億円程度買い増ししたもようだ。

12月末の年金積立金全体に占める保有資産割合は国内債券37.76%(9月末は38.95%)、国内株式23.35%(同21.35%)、外国債券13.50%(同13.60%)、外国株式22.82%(同21.64%)となった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below