Reuters logo
GPIF、オルタナティブ投資拡大へ 運用機関を募集
2017年4月11日 / 03:16 / 6ヶ月前

GPIF、オルタナティブ投資拡大へ 運用機関を募集

 4月11日、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、オルタナティブ投資の拡大に向け、新たに運用機関の募集を始めた。運用の多様化を進める中、投資体制が整ったと判断した。写真は都内で昨年4月撮影(2017年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 11日 ロイター] - 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は11日、オルタナティブ投資の拡大に向け、新たに運用機関の募集を始めた。運用の多様化を進める中、投資体制が整ったと判断した。

GPIFによると、募集の対象はプライベート・エクイティ(PE)、インフラ、不動産の3分野。株式や債券の運用と同様、GPIFと一任契約を結んだ運用機関が投資判断を行う。

オルタナティブ投資を巡っては、2013年10月に4人の担当者を配置し、現在は専門の推進室に10人が在籍している。

GPIFの基本ポートフォリオは、オルタナティブ資産への投資上限を年金積立金全体の5%と定めているが、16年12月末時点では0.07%だった。

梅川崇

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below