Reuters logo
ギリシャ総選挙、急進左派の勢いやや鈍る=世論調査
2015年1月7日 / 18:43 / 3年前

ギリシャ総選挙、急進左派の勢いやや鈍る=世論調査

 1月7日、ギリシャ総選挙は、野党・急進左派連合の勢いが多少鈍っている。写真は同国旗。アテネで2013年11月撮影(2015年 ロイター/Yannis Behrakis)

[アテネ 7日 ロイター] - 今月25日に総選挙を控えるギリシャでは、野党・急進左派連合(Syriza、シリザ)が依然優勢となってものの、勢いは多少鈍っている。

調査会社アルコの世論調査によると、各党の支持率はシリザが33.8%、サマラス首相率いる与党・新民主主義党(ND)が30.5%で、シリザが依然リードしているが、シリザとNDの差は前回調査の3.6%ポイントから3.3%ポイントに小幅縮小した。

調査は1000人を対象に今月4─6日に実施された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below