Reuters logo
ジカ熱対策に5600万ドル必要、加盟国に援助要請=WHO
2016年2月17日 / 16:04 / 2年前

ジカ熱対策に5600万ドル必要、加盟国に援助要請=WHO

 2月17日、WHO、ジカ熱対策にかかる半年間の資金調達計画を公表。チャン事務局長。1日撮影(2016年 ロイター/Pierre Albouy)

[ジュネーブ 17日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)は17日、ジカ熱(ジカウイルス感染症)対策にかかる半年間の資金調達計画を公表した。ワクチン開発や研究調査、感染防止などに5600万ドルが必要で、うち2500万ドルはWHO側の費用に充てるとしている。

マーガレット・チャン事務局長は、戦略対応枠組みおよび協調行動計画のなかで「神経系合併症や出生時奇形との関連も疑われるなか、ジカ熱のリスク評価は従来の『軽度』から『非常に深刻』なものへと変化した」と指摘した。

資金調達に関しては加盟国などからの援助を募るほか、当初の活動費として緊急有事基金から200万ドルを拠出する。

WHOの広報担当によると、チャン事務局長は22─24日にブラジルを訪問し、ジカ熱対策の見直しを行う。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below