Reuters logo
「ホビット」のライセンス訴訟、原作者側と米ワーナーが和解
2017年7月4日 / 04:08 / 3ヶ月前

「ホビット」のライセンス訴訟、原作者側と米ワーナーが和解

7月3日、「指輪物語」などの原作者J・R・R・トールキンの遺産管理団体が、「ホビットの冒険」や「指輪物語」を基にしたオンラインゲーム、スロットマシンなどにライセンスを供与したのは契約違反だとして米ワーナー・ブラザーズなどを訴えていた裁判で両者が和解に達した。写真は2012年11月撮影(2017年 ロイター/Mark Coote)

[3日 ロイター] - 英長編小説「指輪物語」などの原作者J・R・R・トールキンの遺産管理団体が「ホビットの冒険」や「指輪物語」を基にしたオンラインゲーム、スロットマシンなどにライセンスを供与したのは契約違反だとして米ワーナー・ブラザースを訴えていた裁判で、両者が和解に達した。

トールキンの遺産管理団体と出版社ハーパーコリンズは、さまざまな販売に関する権利を持つタイム・ワーナー(TWX.N)の子会社ニューライン・シネマおよびソウル・ゼインツ社と和解した。先月30日の裁判文書で明らかになったが、和解条件は公表されなかった。

ワーナー・ブラザースは「友好的にこの問題を解決できて喜ばしい。将来ともに仕事をするのを楽しみにしている」と声明で述べた。

遺産管理団体などは、被告が「モラル上疑問の余地があるオンラインやカジノギャンブルに関連する商品を販売し、1969年の販売許可合意に違反した」として、2012年11月に訴えを起こしていた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below