Reuters logo
ホンダ、倉石常務が代表取締役副社長へ 初の女性執行役員も誕生
2016年2月23日 / 06:17 / 2年後

ホンダ、倉石常務が代表取締役副社長へ 初の女性執行役員も誕生

 2月23日、ホンダは、新たな経営体制を発表した。写真は代表取締役副社長に就任する倉石誠司常務執行役員。2011年4月上海モーターショーでの同氏(2016年 ロイター/Aly Song )

[東京 23日 ロイター] - ホンダ(7267.T)は23日、新たな経営体制を発表した。中国本部長を務める倉石誠司常務執行役員(57)が代表取締役副社長に昇格する。4月1日付で専務に就いた後、6月に開く株主総会後の取締役会を経て副社長に就任する。一方、池史彦会長(63)、岩村哲夫副社長(64)はいずれも退任する。

中国の合弁会社、東風本田汽車有限公司の鈴木麻子総経理(52)が4月1日付で国内営業を担当する執行役員に就く。女性が執行役員に就くのは同社初となる。

今回の経営陣刷新は昨年6月の八郷隆弘社長就任後初めて。世代交代を図り、世界を日本、中国、アジア大洋州、北米、南米、欧州の6地域に分けて各地域で現地生産や開発などを推進する「世界6極体制」を進化させる。

倉石氏は本田技研工業投資有限公司、東風本田汽車の総経理を務めるなど長年にわたり中国事業を統括してきた。八郷社長も就任前、中国の生産統括責任者を務めた経験を持つ。

鈴木氏はタイ、マレーシア、ベトナムに赴任するなど海外経験が豊富だ。同社では社外取締役や監査役には女性がすでに就いているが、いずれも社外からの登用だった。生え抜きの女性が執行役員に就くのは鈴木氏が初めて。

日本本部長の峯川尚専務(61)、「フィット」などでの度重なるリコール(回収・無償修理)以降、品質改革を担ってきた福尾幸一専務(60)らが6月に退任する予定。福尾氏は本田技術研究所の社長も退き、後任は松本宣之専務(58)が兼務する。峯川氏の後任には、ホンダカーズ東京中央(東京・世田谷)の寺谷公良社長が就く予定。

航空機事業子会社ホンダエアクラフトカンパニーの藤野道格社長(55)が4月1日付で執行役員から常務に昇格する。藤野氏は昨年末に顧客への引き渡しが始まった小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の開発から手掛けてきた。

*内容を追加しました。

白木真紀

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below