Reuters logo
中国紙、シンガポール軍の「偽善」が両国関係悪化を招くと警告
2016年11月28日 / 09:06 / 10ヶ月前

中国紙、シンガポール軍の「偽善」が両国関係悪化を招くと警告

 11月28日、中国の環球時報(英語版)は、台湾との軍事関係をめぐるシンガポールの「偽善」により、中国とシンガポールの関係が損なわれる可能性があると警告した。写真は香港で差し押さえられたシンガポール軍の部隊輸送船。24日撮影(2016年 ロイター/Bobby Yip)

[北京 28日 ロイター] - 中国共産党機関紙・人民日報傘下の有力国際情報紙、環球時報(英語版)は28日付の論説記事で、台湾との軍事関係をめぐるシンガポールの「偽善」により、中国とシンガポールの両国関係が損なわれる可能性があると警告した。

シンガポール軍の9つの部隊輸送船が先週、台湾から戻る途中に香港で差し押さえられたことを受け、台湾との軍事関係維持をめぐり中国外務省の非難を招いた。

「いかなる形であれ、シンガポールが台湾との軍事交流を続けることは、もはや合理的ではない」と、同紙の論説記事は述べた。

シンガポールと台湾は、1970年代から軍事協力の関係にあり、シンガポールの歩兵の訓練場所として台湾を使用することも含まれる。

中国は、1990年代にシンガポールと国交を回復して以降も、この合意をしぶしぶ容認してきた。

部隊輸送船の事件は、シンガポールが「一つの中国」の原則に反する動きをしているという「疑いを招く」と、同紙は指摘した。

論説記事は、環境時報の英語版にのみ掲載。シンガポール軍の「偽善」を示すとして、米国との関係や南シナ海問題におけるスタンスなどを挙げ、「シンガポールに対する中国の世論が変われば、両国関係に重大な一撃となるだろう」と締めくくった。

環境時報は、政府の公式見解よりタカ派的で、強硬な論説記事で知られる。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below