Reuters logo
HSBC、本社の「英国残留」決定 香港移転なし
2016年2月14日 / 22:43 / 2年前

HSBC、本社の「英国残留」決定 香港移転なし

2月15日、英金融大手HSBCホールディングスは、グループの本拠に関する見直し作業の結果、引き続き英国を本拠とすることを決定した。ロンドンで2010年8月撮影(2016年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 14日 ロイター] - 英金融大手HSBCホールディングス(HSBA.L)(0005.HK)は14日、グループの本拠地に関する見直し作業の結果、引き続き英国に本社を置くことを決めたと発表した。声明によると、決定は全会一致だった。

HSBCの本社見直しをめぐっては、香港に移転するのではないかとの観測が出ていた。

英国にとっては、金融危機後の規制強化、コスト上昇が国際金融センターとしての地位を揺るがしかねない課題となっていただけに、HSBCの残留決定は「世界の金融の中心ロンドン」の維持に大きく寄与する。

HSBCは「ロンドンは世界でも有数の国際金融センターの1つであり、スキルの高い国際的な人材が豊富だ」とし、「当社のような世界的な金融機関の本社所在地として理想的との結論に達した」と説明した。

中国市場の動揺や、中国が香港への影響力を強めていることを背景に、市場では最近、HSBCは引き続き本社を英国に置くとの見方が強まっており、関係者らは決定を「ノーサプライズ」と受け止めている。

HSBCは、中国・珠江デルタ地帯や東南アジアへの投資増加など、アジア強化戦略に変更はないとしており、ガリバー最高経営責任者(CEO)は声明で「英国に本社を置き、アジア太平洋を事業の中心とすることは、両地域の利点を株主にもたらすことができる」と述べた。

<香港「決定を尊重」>

一方、香港金融管理局は、HSBCの決定を尊重すると発表した。

ノーマン・チャン長官は「HSBCのような大規模な国際的銀行にとって、本社移転は非常に大掛かりで、複雑な手続きになる」と理解を示した上で、「香港はアジアの主要な銀行・金融ハブであり、世界のシステム上重要な銀行30行のうち、29行が進出している」と強調した。

*内容を追加します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below