Reuters logo
中国レノボのIBM事業買収審査が難航、安全保障に懸念=報道
2014年6月26日 / 00:51 / 3年前

中国レノボのIBM事業買収審査が難航、安全保障に懸念=報道

6月25日、中国レノボ・グループによる米IBMの低価格サーバー事業買収に関する対米投資審査手続きが、安全保障上の問題から難航していると、ウォールストリート・ジャーナルが報じた。上海で1月撮影(2014年 ロイター/Aly Song)

[25日 ロイター] - 中国のパソコン(PC)大手レノボ・グループ(聯想集団)(0992.HK)による米IBM(IBM.N)の低価格サーバー事業買収に関する対米投資審査手続きが、安全保障上の問題から難航している。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が関係筋の話として報じた。

米国防総省のネットワークやデータセンターの管理にはIBMのx86サーバーが使用されている。記事によると審査を担当する米外国投資委員会(CFIUS)は、これらのサーバーが中国のスパイからリモートアクセスされたり、ウイルスに感染させられることを懸念しているという。

またCFIUSは、売却されたサーバーがほかのコンピューターと連結され、処理能力の高いサーバーとして使用されることも不安視しているもようだ。

報道では、IBMは事業売却後もレノボの代理で「長期間」メンテナンスを担当する意向だという。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below