Reuters logo
【中国の視点】米英首脳会談:同盟演出か、英経済への寄与は限定的も
2017年1月25日 / 00:39 / 8ヶ月前

【中国の視点】米英首脳会談:同盟演出か、英経済への寄与は限定的も


*09:30JST 【中国の視点】米英首脳会談:同盟演出か、英経済への寄与は限定的も
トランプ米大統領は今週27日、ホワイトハウスでメイ英首相と会談する予定だ。これはトランプ氏の大統領就任後、初めての外国首脳と会談することになる。トランプ大統領は、米英間の貿易協定を優先的に締結すると強調。メイ首相は、両国間に存在している貿易障壁を取り除くほか、両国の労働力をもっと自由に行き来させることを目指していると発言した。

一方、中国の市場関係者の間では、今回の会談は貿易協定の締結よりも英米外交の重要性をアピールすることになるとの見方が優勢になっている。両国首脳は英米間で築き上げられた緊密な貿易関係を再確認することにとどまるとみられている。

また、海外機関投資家は、英米首脳が非公式な会談を一回のみ実施し、関税や移民問題では大きな進展が見込めないと予測した。英政府は欧州連合(EU)からの離脱手続きの処理などに集中する必要があるためだ。

さらに、英国が米国に対して貿易黒字となっており、トランプ大統領が英国を中国やメキシコ、ドイツと同様に「米国の仕事を奪っている」対象国リストに組み入れる可能性があるとも予測されている。

中国の専門家は、英国のEU離脱がもたらす経済損失について、英米貿易協議の締結で補うことが出来ないと指摘。EU向けの輸出が英国輸出全体の約50%を占めているとは対照的に、米国向けの輸出は全体の15%にとどまっているためだ。
《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below