Reuters logo
【中国の視点】元安圧力、「為替操作国」から外しても軽減せず
2017年4月18日 / 00:12 / 6ヶ月後

【中国の視点】元安圧力、「為替操作国」から外しても軽減せず


*09:07JST 【中国の視点】元安圧力、「為替操作国」から外しても軽減せず
トランプ米大統領は12日、中国が為替操作を実施していないとの認識を示した。大統領の発言を受け、翌日13日の人民元の対米ドル為替レートは一時大幅に上昇した。ただ、大統領は、中国を「為替操作国」から外した理由について、地政学的リスクの高まりに伴い、中国の協力が必要になるとも発言していた。

中国の専門家は、米中間の為替問題に関する対立が終結していない上、トランプ政権が「為替操作」よりも「不均衡」を重視する姿勢を示していると指摘。現時点では中国を為替操作から外したとしても不均衡と認定すれば、再び中国に圧力を掛けるとの見方を示した。また、米中が米国の対中貿易赤字の削減に向けた「100日計画」の策定で合意したが、短期間での貿易赤字の削減が困難であるため、為替問題が再び提起される可能性が高いと予測した。

中国は2015年に完全な固定相場制から管理変動相場制に移動しており、アジア金融危機が発生した時に元の下落を避ける手法は現時点では通用しない。米中が為替問題をめぐる意見が再び対立した場合、元の下落圧力が再び高まる恐れがあるとの見方が優勢になっている。

ただ、トランプ政策への期待が2017年に入ってからやや後退しているため、元の対米ドル下落圧力も緩和されている。また、元の対米ドル仲値は元高設定に傾いているため、これも元をサポートする材料になると指摘されている。
《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below