Reuters logo
【中国の視点】世界の大手銀行、英国のEU離脱でロンドン撤退計画が相次ぐ
2017年5月10日 / 23:16 / 5ヶ月前

【中国の視点】世界の大手銀行、英国のEU離脱でロンドン撤退計画が相次ぐ


*08:12JST 【中国の視点】世界の大手銀行、英国のEU離脱でロンドン撤退計画が相次ぐ
英国の欧州連合(EU)離脱が決定された後、ドイツ銀行など世界の大手銀行はロンドンからの撤退計画を相次いで発表されている。

ドイツ銀は先月、4000人以上の雇用を英国からドイツのフランクフルト・アム・マインあるいはほかのEU加盟国に移すと発言。また、英国での業務縮小などを含め、英国での雇用人数は1万2000人以上縮小すると試算されている。

このほか、JPモルガン・チェース(JPM)やHSBC、モルガン・スタンレー証券(MS)、シティバンクなど世界の大手銀行も主要な活動拠点をロンドンから撤退する計画を示した。

中国の専門家は、英国のEU離脱に伴い、最悪な場合同国の金融業界では23万人以上の雇用減につながる恐れがあると予測した。これは同業界の雇用人数(約220万人)の1割強に相当すると指摘。英国の国内総生産(GDP)に占める金融業界の割合は1割だといわれており、同国の成長ペースが短期的には鈍化する恐れがあると警告された。

これとは対照的に、アイルランドやドイツ、フランス、オランダなどEU加盟国にとって、英国のEU離脱で衝撃を受けているものの、金融業界での雇用増などのチャンスをもたらせると指摘された。
《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below